Alfa Romeo、ブラインドサッカー男子日本代表を支援  

2019年6月13日
Alfa Romeo

FCAジャパン株式会社(本社:東京都港区、社長:ポンタス・ヘグストロム)は、NPO法人日本ブラインドサッカー協会(東京都新宿区、理事長:塩嶋史郎、以下JBFA)とパートナーシップ契約を締結し、ブラインドサッカー男子日本代表の支援を行ないます。

JBFAは、「障がい者と健常者が当たり前に混ざり合う社会の実現」をビジョンに掲げ、ブラインドサッカー(視覚障がい者と健常者が力を合わせてプレイするスポーツ。パラリンピック正式種目)を通じたさまざまな活動を行なっています。2024年にブラインドサッカーで世界一になることを目標に、2020年東京パラリンピックではメダル獲得を目指します。また、ブラインドサッカーを活用した、子ども向け出張授業や企業研修などを通じて、ダイバーシティの啓発に向けた普及活動を行なっています。

FCAジャパンでは、2011年よりJBFAを支援しており、ブラインドサッカーのクラブチーム選手権や、視覚障がい児を対象とした活動などをサポートし、ブラインドサッカー女子日本代表の支援を行なっています。このたびその支援を拡大し、2019年4月より男子日本代表のサポートを行い、両チームのさらなる発展に寄与すると共に、多様な個性を持った人がハンディキャップを超えて活躍できる社会の実現を促進します。

JBFAの活動やブラインドサッカーの詳細については、同協会のウェブサイトをご参照ください。

※http://www.b-soccer.jp/

 

アルファロメオの「Be yourself」プロジェクトについて

アルファロメオでは、「すべての人が、自分らしく生きていける社会の実現」を目指し、「Be yourself」をテーマとしたCSV活動を展開しています。この活動では、多様な個性を持った人が、障がいや人種、セクシャリティによって排除されることなく、自分らしく輝ける社会の実現を目指し、ダイバーシティの啓発やさまざまなNPOのサポートを行っています。

 

アルファロメオの「Be yourself」プロジェクトについては、以下ウェブサイトをご覧ください。

https://www.alfaromeo-jp.com/brand/beyourself/

 

 

以上

お問い合わせ先(報道関係者)

FCAジャパン株式会社   広報部

TEL: 03-6858-5420 (広報部代表)

メディアサイト:https://www.fcagroup.jp/media/